緑の葉もの野菜を食べて高血圧を改善する

緑の葉もの野菜を食べて高血圧を改善する

ほうれん草をはじめとする濃緑の葉野菜には、
葉緑素(クロロフィル)が豊富に含まれています。

 

葉緑素は光合成を行う成分で、
人体に吸収されると、
悪玉コレステロールの排出を促進し、
動脈硬化を予防すると言われています。

 

ほうれん草は、
100gあたりのカリウム含有量が690mgと多く、
血圧を下げる働くをするマグネシウム、カルシウムなどのミネラルを含んだ食材です。

 

また、貧血防止に欠かせない鉄分も豊富です。
高血圧対策に有効な成分が摂れる食材です。

 

小松菜も、
カルシウムはほうれん草に比べで3倍以上含まれており、
鉄分も豊富で、カリウムもほうれん草に近い量を含んでおり、
高血圧対策にはおすすめの食材です。

 

緑の葉もの野菜の調理法として、カロチン(ビタミンA)の吸収が良くなるので油炒めにすると良いです。

 

小松菜は下茹でせずに炒められるので、
ビタミンを失なわずに済みます。

 

緑の葉もの野菜は毎日でも摂りたい高血圧対策の食材です。


肉を食べるのを我慢するのでなく、野菜を美味しく食べる

以前、私は肉系の食事が好きでしたが、
生活改善をしようと菜食中心の食事に変えました。

 

しかし、野菜を食べていると、
だんだんと野菜が美味しく感じるようになり、
逆に肉はあまり食べなくなりました。

 

「焼き肉」というと目がないたちでしたが、
今は焼き肉屋に行くより、
旬の野菜や魚介類を食べる方が好きです。

 

先日のこと、家族で野外にバーベキューに行きました。
しかし、肉は一切購入しませんでした。

 

魚介類と野菜をたくさん買って、
海鮮バーベキューとなったのです。
もの凄く美味しかったですよ♪

 

野菜中心のおかずに玄米、
時々魚、まれに肉(鶏肉が多い)という生活を続けていると、
だんだんと体に悪いものを欲っしなくなるようです。

 

体質が変わったということなのでしょう。

 

肉系の食事が多い方で高血圧に悩んでいるのであれば、
旬の野菜を美味しく食べることを工夫してみると良いとおもいます。

 

好きな肉系の食事を我慢するのではなく、
野菜を美味しく食べる工夫をするのが食生活改善のポイントです。

 

肉食は食べた後に胃が重くなりますが、
菜食をしていると全体的に体は軽く、疲れも溜まりにくいようです。

 

毎日快適です♪

 


緑の葉もの野菜を食べて高血圧を改善する関連ページ

高血圧と塩分の関係
なぜ、減塩しないといけないのか?高血圧と塩分の関係は?食塩を控えると血圧が下がるメカニズムとは?
血圧を下げる食品[1]大豆
血圧降下作用が期待できる食品といえば大豆です。大豆を美味しく食べるには?
高血圧対策、砂糖を使うのを止める
生活習慣病の改善は食事を見直すことから。まずは、砂糖を使うのをやめてください。