血圧を下げる食品 大豆

血圧を下げる食品[1]大豆

食生活と心臓病や脳卒中の関連を調べたある調査によると、
大豆をよく食べる地域の人は、心血管系疾患が少ないというデータがあります。

 

大豆に含まれる成分のイソフラボンが高血圧対策に有効と考えられています。

 

イスフラボンが血管を拡張させ血圧を下げたり、
悪玉コレステロールを低下させることで、
動脈硬化や心疾患の発症を抑えるのではないかと見られています。

 

大豆は、畑の肉と呼ばれています。
しかし、肉類より脂質もカロリーも低く、ビタミンやミネラルをバランス良く含んでいます。

 

また、大豆の食物性たんぱく質は、必須アミノ酸の含有バランスが良質です。

 

私は以前は肉系の食事ばかりしていました。
肉系のおかずが好きだったのです。

 

やはり、これは改善する必要がありました。
肉系の食事をしていると、
生活習慣病になりやすいのは誰しもが知るところです。

 

食生活の改善で肉系はまれに食べるだけにし、
今は菜食中心の食事をしています。

 

しかし、肉系から菜食に切り替えるときには、
「肉が食べたい」という欲求にもかられました。

 

そういう時に、大豆を食材として上手に利用すると良いとおもいます。

 

大豆ハンバーグや大豆コロッケなどを食べていました。
調理の仕方では、本当にお肉と間違えるような味付けが可能です。

 

また、豆乳、豆腐、ゆば、油揚げ、がんもどきなどの大豆加工品もバラエティ豊かです。

 

血圧を下がる食事には、
大豆と大豆加工品はかなり活躍すると思います。
高血圧対策の食品として、優秀な働きをしてくれます。

 

大豆を使った美味しいレシピならが沢山載っています。
この本おススメです。

 


しあわせ豆料理[大庭英子]

 

血圧を下げる食品[1]大豆関連ページ

高血圧と塩分の関係
なぜ、減塩しないといけないのか?高血圧と塩分の関係は?食塩を控えると血圧が下がるメカニズムとは?
高血圧対策、砂糖を使うのを止める
生活習慣病の改善は食事を見直すことから。まずは、砂糖を使うのをやめてください。
緑の葉もの野菜を食べて高血圧を改善する
高血圧対策の食事として、緑の葉もの野菜を使った料理がおすすめです。食生活改善のポイントも紹介します。