降圧剤の副作用

降圧剤の副作用

高血圧の治療は、日常生活の改善が基本です。
主には食事の改善運動の習慣化からはじめます。

 

しかし、この方法で血圧が下がらない場合は、
医師の診断によって降圧剤を飲み始めることになります。

 

降圧剤を服用する目的は、
血圧を下げ、脳や心臓、肝臓などの臓器障害の進行を予防することです。

 

降圧剤には市販のものはありません。
必ず医師の処方により服用します。

 

降圧剤にはいくつかの種類があります。

 

はじめに処方されるものは、
カルシウム拮抗薬ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)ACE阻害薬利尿薬β遮断薬のいずれかです。

 

このうち個人の症状に合わせて処方されることになります。

 

薬を飲むのが嫌だからと、
降圧剤の服用を避けていれば、
動脈硬化が進行し、腎機能が低下してしまい。
かえって薬を多く飲まないといけないことにもなってしまいます。

 

 

しかし、しかし…、です。

 

 

降圧剤は長期に渡り服用する可能性が高い薬です。
様々な副作用についての報告もあります。
薬を長期に渡り服用すると、
うつやガン、勃起不全の副作用の危険さえもあると聞きました。

 

仮に脳梗塞や心筋梗塞の発祥のリスクが下がったとしても、別のリスクが高まるのであれば、
降圧剤を服用する意味が薄れてしまいます。

 

自分にとり、どういう選択が正しいのか?
高血圧対策として何を実行すれば良いか?

 

それを決めるには、高血圧のメカニズムと昇圧剤について良く知る必要があります。

 

薬を飲むリスクと飲まないリスク、そして降圧剤の副作用について、ここではレポートします。

 

降圧剤の副作用記事一覧

カルシウム拮抗薬の作用と副作用

降圧薬の副作用について理解した上で、服用すべきですし、できれば使わない方が良いですよね。今回は、日本で最も多く使われているカルシウム拮抗薬の服用効果と、その副作用についてレポートします。カルシウム拮抗薬は、もともと狭心症や不整脈の薬として開発されました。その後に、偶然、降圧作用が発見されました。現在...

≫続きを読む

ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用

ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用は、高カリウム血症、腎機能低下、感染症、ガンなどがあります。ARBとは、アンジオテンシンU受容体拮抗薬のことで、AU拮抗薬ともいわれています。現在の高血圧治療で、カルシウム拮抗薬に次いで多く使われている降圧薬です。ARBはアンジオテンシンUという血圧を...

≫続きを読む

ACE阻害薬の作用と副作用

ACE阻害薬の作用ACE阻害薬は、アンジオテンシンUとう血圧を上げるホルモンの生成を仰制し降圧効果を発揮します。ACE阻害薬の副作用ACE阻害薬の副作用には空咳(からせき)があり、服用した20〜30%の人に症状がみられるといいます。これは、増加したブラディキニンが咳中枢を刺激するために起こるとされて...

≫続きを読む

利尿薬の作用と副作用

■作用利尿薬は腎臓に作用し、ナトリウムや水分の排泄を促し、血液の量を減らすことで血圧を下げます。■副作用頻尿、低カリウム血症、糖尿病、痛風、高尿酸血症、勃起不全

≫続きを読む

α遮断薬とβ遮断薬の作用と副作用

■作用交感神経の働きを抑制し、血管の収縮を防いで血圧を下げる■副作用立ちくらみ

≫続きを読む