ACE阻害薬の作用と副作用

ACE阻害薬の作用と副作用

ACE阻害薬の作用

 

ACE阻害薬は、アンジオテンシンUとう血圧を上げるホルモンの生成を仰制し降圧効果を発揮します。

 

ACE阻害薬の副作用

 

ACE阻害薬の副作用には空咳(からせき)があり、
服用した20〜30%の人に症状がみられるといいます。

 

これは、増加したブラディキニンが咳中枢を刺激するために起こるとされています。

 

この副作用がいつ現れるかは、
人により異なり、服用から数年後に起こる場合もあります。

 

空咳の副作用があるため、
ACE阻害薬た使われる頻度はARBと比較して少なくなっています。

 

その他の副作用として、
発疹、かゆみ、味覚障害、血管浮腫、感染症、腎機能低下があります。

 

妊娠中の女性や腎障害で高カリウム血症がある方は使用できません。

 

ACE阻害薬の副作用ついて

私はACE阻害薬の副作用を調べて、
正直「怖いな〜」と思いました。

 

ACE阻害薬には、空咳の副作用があります。
これもひどい場合は日常生活に支障がきたすといいます。

 

咳が出ていては、
仕事だって集中してできません。

 

前にも言いましたが、
医師に診察してもらい、
投薬がやむをえないのならば仕方ないですが、
生活改善で血圧を下げることができるのならば、
そちらの道を選択したものです。

 

>>薬なしで血圧を下げた方法

 

ACE阻害薬の作用と副作用関連ページ

カルシウム拮抗薬の作用と副作用
カルシウム拮抗薬の副作用は?頭痛、動悸、胸やけ、ほてり、むくみ、血糖値の上昇、うつなどです。
ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用
ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)の副作用は?
利尿薬の作用と副作用
利尿薬には、サイアザイド系利尿薬、ループ利尿薬、カリウム保持性利尿薬の3種類があります。利尿薬の作用と副作用についてレポートします。
α遮断薬とβ遮断薬の作用と副作用
α遮断薬とβ遮断薬の作用と副作用についてレポートします。副作用はうつ、喘息など。薬の服用には慎重になるべきです。